公開履歴
サラダを食べる男性

生活習慣病を予防するためには、生活習慣病の改善に対して重視されていることを取り入れるのが効果的です。
そもそも生活習慣が乱れるとどんな問題が起きるか、皆さんご存知の生活習慣病のほかに、生活習慣の乱れは免疫力を低下させます。
免疫力が低下すると体調を崩して風邪を引きやすくなる人もいれば、扁桃炎になってしまう人もいます。
扁桃炎は再発しやすいものなので、何度も再発して慢性化してしまうと手術が必要になるケースもありますので甘く見てはいけません。

生活習慣を正すにはまず食事が重要となってきます。
これは栄養バランスに気を使う必要があり、特に野菜や海藻類などの、体に対して負担の少ない食材は積極的に摂取することが求められます。
また脂質や塩分はできるだけ避けるように心がけ、量も食べ過ぎないことが必要です。
血糖値の急上昇を避けるために、まずは野菜や汁物から口に入れる習慣を持つようにし、できるだけ時間をかけて、一口一口をよく噛み食べることが大切です。

ただし楽しい席での食べ過ぎ、ストレス解消に自分の好きなものを思いっきり食べると言うことが、絶対的に悪いと言うわけではありません。
それらが続いてしまうのが問題なわけですから、この場合は、翌日からは少し食事量を控える、栄養バランスに気を配ると言う対応をとることが求められます。
しかし、脂質の多い食事や食べ過ぎにより逆流性食道炎の原因にもなりかねませんので気をつけなければなりません。

次は運動です。
生活習慣病の改善においては、運動強度にして中等度、ややきついと感じる程度の運動を、1日30分以上、ほぼ毎日、行うことが望ましいとされています。
全身に酸素を取り込むような有酸素運動であれば、血流促進、エネルギー消費、肥満解消に対しての効果もより高いとされているため、ウォーキングや軽いジョギングなどがおすすめです。
ただし30分以上、まとめて行うのが難しい場合には、1回10分以上であれば、トータルで30分以上になれば良いとされています。

またその人の状態によってはいきなり、運動習慣を持つことが難しい場合もあります。
こうした人の場合は、まずは生活の中でこまめに体を動かす習慣を持つようにすると良いです。

そして過度な飲酒、喫煙習慣がある場合は、これも見直した方が、生活習慣病の予防につながります。
特に喫煙習慣に関しては百害あって一利なしなので、体のことを思うのであれば今すぐ、止めるべきだと言えます。