• ホーム
  • 生活習慣病といわれる病気の種類

生活習慣病といわれる病気の種類

タバコを吸っている女性

生活習慣病とは文字通り、その人が送っている生活の習慣が原因となって引き起こすとされている、または罹患のリスクが高くなるとされている疾患のことです。
昔は生活習慣病と言われており、これらの疾患は年齢を重ねることが一番の原因だと言われていました。
しかし実は年齢を重ねること以上に、その人の生活習慣の方が大きな要因になっていると言うことが明らかになったことから、この呼び方に変更されたと言う経緯があります。

ではどのような病気が生活習慣病に該当するのかと言うと、肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症が代表的なものとしては挙げられます。
肥満は単純に太っていることが危険と言うわけではなく、特に内臓の周囲に脂肪がつく内臓脂肪型肥満が危険だとされており、この状態と他の生活習慣病を合併している状態はメタボリックシンドロームとも呼ばれています。
糖尿病は血糖値が常時、高い状態にあることで、放置していると目や腎臓、全身の神経など、あらゆる部位に合併症を引き起こす恐ろしい病気です。
そしてこの糖尿病と深い関係にあるのが高血圧で、これは血管に常に高い負担がかかっている状態です。
高血圧の人は、そうでない人に比べると糖尿病に罹患する比率が倍以上高くなると言うことが明らかになっています。
またこのふたつは、血管が硬くなり、少しの衝撃でも詰まったり、破れてしまう動脈硬化を引き起こす大きな要因でもあります。

最後の脂質異常症は、血液中のコレステロール値が高い状態です。
自覚症状が出にくいのですが、これもやはり放置しておくと動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳血管疾患にもつながる状態です。
このような生活習慣病は、生活習慣に気をつけるだけで、発症リスクを軽減させることができます。
また定期的に健康診断などを受け数値を見ることで、早期発見につなげることも可能です。

男性女性共に身体の不調で最も挙げられるのが腰痛です。
腰痛になりやすい人は生活習慣が原因とされています。
現代社会ではデスクワークする人が増えてきて、長時間同じ体制を続けることによって発症してしまいます。
また反対に、長時間立ったままでも腰痛に繋がります。
腰痛で悩む方は軽い運動をすることで予防ができます。

また、ボルタレンという薬で炎症や腫れ、痛みを軽減することもできます。
このボルタレンの効果は非常に高く、炎症などを軽減するだけでなく解熱作用もあります。
ボルタレンが必要な方は、病院での処方か個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用するといいでしょう。